教育実践研究指導センター

  センターだより No.55


                     2000年2月22日
                     発行 山梨大学教育人間科学部
                     附属教育実践研究指導センター
                     電話 055-220-8325,FAX 055-220-8790
                     e-mail : kjc@kkb.yamanashi.ac.jp
                     URL : http://www.kjb.yamanashi.ac.jp


■第56回 国立大学教育実践研究関連センター協議会総会報告

○日時 平成12年2月14日(月)13:00〜17:00
○会場  東京学芸大学教育学部 総合メディア教育館 及び各大学SCS施設
○出席者 東京学芸大学会場参加98名(所属センター数 44)
     SCS施設参加31名(所属センター数 14)

   
SCSを通してセンター改組の説明をする浦野教授(秋田大学)  東京学芸大学総合メディア教育館

 標記の協議会に教育実践研究指導センターの成田助教授と林講師が出席しました。
 今年度は,日程や予算の都合で東京学芸大学に来ることのできないセンターは,SCS(Space Collaboration System,衛星通信を利用したテレビ会議システム)で参加することなりました。例年紙媒体の資料が会場で多く配布されましが,今回は東京学芸大学会場及び各大学SCS施設でも見ることのできるWebページによる資料提示が増えました。東京学芸大学の会場は参加者の前のそれぞれのテーブルにインターネット接続されたコンピュータが使えるようになっており,センター協議会総会のプログラムや,「教育実践研究関連センター協議会年報(平成11年度)」(各センターの現状や改組にむけての取り組み http://gauge.u-gaugei.ac.jp/index2.html)などのWebページを,説明をききながら見ることができたのは役に立ちました。山梨大学のSCS会議室も,ノートPCなどを持ち込んでHUBに接続すればインターネット接続できるようになっていますが,手ぶらで行っても見ることができるようにコンピュータが数台おいてあるとよいと思いました。
 教育工学情報教育部会,教育実践教師教育部会等の部会は,今回のセンター協議会総会の前にすでにSCSで打ち合わせをすませており,総会ではそこで決まった研究プロジェクトの進め方とこれまでの成果について報告がありました。ほかに,それぞれのセンターや学部の改組状況,教育大学室長あての「アンケート調査結果にもとづく教職の専門性の改善と高度化への要望書」,SCSを使った大学院生向け講義「SCS教育工学特講」の実施状況説明と来年度の計画,専修免許認定公開講座の実施等について情報交換が行われました。

(文責:成田雅博)

センター協議会総会プログラム(抄)
・開会のあいさつ 井上光洋(国立大学教育実践研究関連センター協議会会長)
・来賓あいさつ 石井教育大学室長(文部省)
・会計中間報告
・学部およびセンター改組の現状(平成12年度改組の各大学からの概要説明)
   秋田,滋賀,京都教育,大阪教育,鳴門教育,琉球から(茨城,富山は欠席)
・研究プロジェクト報告
 ・SCSプロジェクト    南部昌敏(上越教育大学),村瀬康一郎(岐阜大学)
 ・部会プロジェクト
  ・教育工学情報教育部会:成田雅博(山梨大学)
  ・教育実践教師教育部会:小林辰至(宮崎大学)
  ・教育臨床部会:中野明徳(福島大学)
 ・特別研究プロジェクト報告
  ・遠隔教育による教員研修実現化における内容・方法、制度に関する研究
      生田孝至(新潟大学),加藤直樹(岐阜大学)
  ・新しい教育課程に求められる専門職としての教師の資質能力に関する調査
      近藤勲(岡山大学)
  ・総合的学習に対応した情報教育カリキュラムの教材開発研究
       須曽野仁志(三重大学),小川亮(上越教育大学),南部昌敏(上越教育大学)
・次回の開催について 平成12年10月6日 鳴門教育大学
・閉会あいさつ 小澤紀美子(東京学芸大学教育学部附属教育実践総合センター長)


教育実践研究指導センター教室の利用について

 教育実践研究指導センターの教室(5階多目的教室,4階授業研究演習室,3階マルチメディア教材作成室)を利用するときには必ず事前に利用申込書を,教育実践研究指導センター事務室(J号館事務室 J421)まで提出してください。授業時間割にすでにのっている授業についても,お手数ですが利用申込書を提出してください。
 申込のあった利用については,http://www.kjb.yamanashi.ac.jp/res/res.html で公開しておりますので,申込んだのにのっていない場合は教育実践研究指導センター事務室までご連絡ください。


紙媒体の「センターだより」第55号において最初の写真の説明を「SCSを通してセンター改組の説明をする浦野助教授(秋田大学)」としておりましたが,このWeb版の「SCSを通してセンター改組の説明をする浦野教授(秋田大学)」が正しい説明です。お詫びして訂正させていただきます。

山梨大学教育人間科学部 第2回「教育フォーラム」のご案内

 以下のように「教育フォーラム」を開催します。多くの方々の参加をお待ちしています。
日時:2000年3月4日(土) 午後2:30〜午後4:30
場所:山梨大学教育人間科学部 附属教育実践研究指導センター 多目的教室(J号館5階)
シンポジウムタイトル:不登校児童・生徒のサポートを考える
話題提供者:雨宮亘氏(山梨県教育委員会 義務教育課主幹)
      秋山治雄氏(山梨県総合教育センター 教育相談部長)
      吉川眞理氏(山梨大学教育人間科学部助教授,スクールカウンセラー)
コーディネータ:山口勝弘氏(山梨大学教育人間科学部教授)

教育実践研究指導センターWebのURL(アドレス)の一時変更について

 ルータ関係の機器故障にともない,2000年2月6日から教育実践研究指導センターのWebのURL(アドレス)を一時的にhttp://www.cer.yamanashi.ac.jp から http://www.kjb.yamanashi.ac.jp に変更しています。機器等の設定が終わりましたら,また元のURLにもどします。お手数をおかけしますが,「cer」を「kjb」に替えてアクセスしてください。


センターだよりは,http://www.kjb.yamanashi.ac.jp/nl/nl.html で見ることができます。


センターだよりの目次
○山梨大学実践センターのトップページ

実践センター関係ページの著作権・利用にあたっての注意
・最初にこのページを公開したのは2000年2月17日です。 ・最後にこのページを更新したのは2001年4月23日です。