2000年1月26日発行

山梨大学教育人間科学部附属教育実践研究指導センター

電話 055-220-8325                     FAX 055-220-8790

e-mail : kjc@kkb.yamanashi.ac.jp      URL : http://www.cer.yamanashi.ac.jp


    平成11年度山梨大学公開講座 「第6回 教員リフレッシュ研修」の事後報告

(まもなく刊行される「センターニュース」では講師全員の写真入り報告を掲載します)

テーマ           <学ぶ力>を育む「総合的な学習の時間」

主催:            山梨大学

後援:            山梨県教育委員会 ・ 甲府市教育委員会

指導講師

山口 満                  筑波大学教育学系長・同学系教授

堀 哲夫                  山梨大学教育人間科学部附属教育実践研究指導センター長

成田雅博                 山梨大学教育人間科学部附属教育実践研究指導センター助教授

林 尚示                  山梨大学教育人間科学部附属教育実践研究指導センター講師

井上公彦                 山梨大学教育人間科学部附属中学校教諭

小林史治                 山梨県甲府市立朝日小学校教諭

 

第1日目には、当センター長の堀哲夫教授が理科教育の視点から、また、成田雅博助教授が教育工学の視点から講義や演習をしていただきました。

2日目には、午前中に、林尚示講師がカリキュラム研究の視点から問題提起をし(上掲写真参照)、小林史治教諭が朝日小学校での総合的学習の実践を紹介してくれました。午後には、山梨大学附属中学校の井上公彦教諭による附属中学校での総合学習の実践紹介と、筑波大学の山口満教授による総合学習の理論的側面についての紹介や講義がありました。


本講座の今年度の申込者は8名で当日参加者は6名でした。来年度も今年度同様、「総合的な学習の時間」に関するテーマで公開講座を開催しますので、ふるってご参加ください。

 

多目的教室・授業研究演習室・マルチメディア教材作成室の紹介(その1)

(今回の「センターだより」では多目的教室について紹介します)

 教育人間科学部J号館にある当センターでは、多目的教室(5階)、授業研究演習室(4階)、マルチメディア教材作成室(3階)などについて先生方の講義、研究のお役に立てていただくために、利用申請を受け付けております。

多目的教室は不定期利用の受付となります。なお、「山梨大学教育人間科学部附属教育実践研究指導センター施設・設備等利用申請書」は当センター4階の事務室にあります。多目的教室をご利用になりたい方は,原則として利用予定日から起算して30日前から10日前の間に,教育人間科学部J号館4階教育実践研究指導センター事務室(kjc@kkb.yamanashi.ac.jp)まで,申し込んでください。利用予定日から起算して30日前より前から利用申請をしておきたい場合(研究会等の会場のアナウンスの都合など)は,月曜日から金曜日の1〜4時限以外の時間帯に限り,可能です。

上掲の写真が多目的教室です。ここでは、先生方の授業のほかに、山梨大学の公開講座、集中講義、卒業論文・修士論文発表会、放送大学の単位認定試験などで使用されています。

上の写真にあるように、液晶プロジェクターを常設していますので、パソコン画面のホワイトスクリーンへの映写、ビデオカメラの映像の映写なども授業等に活用することができます。

また、従来からのOHPも使用できるように整備してあります。書画カメラやマイクも使用できますので、多人数での授業の際には大変役に立つ部屋です。(教育機器使用に際しては、若干の事前準備が必要となります。)

多目的教室をはじめ、教育実践研究指導センター各施設・設備等に関しまして詳しくお知りになりたい方は、当センターのホームページhttp://www.cer.yamanashi.ac.jp/をご覧ください。

(文責 林尚示)

このページでは、配布済みの「センターだより」に若干の修正を加えました。



センターだよりの目次
○山梨大学実践センターのトップページ

・実践センター関係ページの著作権・利用にあたっての注意
・最初にこのページを公開したのは2000年1月26日です。 ・最後にこのページを更新したのは2001年4月23日です。