教育実践研究指導センター

  センターだより No.52


                     1999年11月24日
                     発行 山梨大学教育人間科学部
                     附属教育実践研究指導センター
                     電話 055-220-8325,FAX 055-220-8790
                     e-mail : kjc@kkb.yamanashi.ac.jp
                     URL : http://www.cer.yamanashi.ac.jp


 

■教育実践研究指導センター専任教官の自己紹介


 1999年3月31日付けをもって前教育実践研究指導センターの澤本教授が,日本女子大学にうつられました。私はその後任教官として着任した林尚示です。微力ではございますが、当センターが山梨大学教育人間科学部及び山梨県の教育実践研究の拠点となるように努力していきたいと考えております。また、当センターの業務が円滑にすすむよう、関係する諸先生方と協力して当センターを運営していこうと思います。現在、教育課程の変革期ですので、教育実践研究についてのさまざまな要求に応えられるように、研究を進めていく所存でおります。どうかよろしくお願い申し上げます。

(氏 名 ) 林 尚示 (HAYASHI Masami)
(前 職 ) 筑波大学教育学系 準研究員(文部技官)
(専門分野) 教育実践学、教育課程学、教育方法学、特別活動論
 

■第5回 教員リフレッシュ研修のお知らせ

テーマ             <学ぶ力>を育む「総合的な学習の時間」

                                                               主催:山梨大学
                                                               後援:山梨県教育委員会・甲府市教育委員会

1.目的

 今日、さまざまな問題をかかえるなかで,日々教育改善,教育改革に取り組む教師を対象に、本講座は開設された。この講座は1994年度から、教師が自分の授業を見直して気づくための、内省的な力量形成の研修プログラムを組んでいる。
 総合学習、総合的な学習、「総合的な学習の時間」などといえば、何でも自由に指導できるようで、何をすればよいのかわからないという批判を聞く。また、「活動はあるが、学習なし」という批判を受けやすい。つまり、授業の本質を探り、質を確保する教師の力量が、今、求められているといえる。そこで、短時間だが総合学習を体験し、それに基づいて、総合学習実施に関わる諸問題を考え、教員の力量形成の方途を探る研修を計画した。
 第1日目には、当センター長の堀哲夫教授が理科教育の視点から、また、当センターの成田雅博助教授が教育工学の視点からの講義をする。
 第2日目には、午前中に、当センターの林尚示講師がカリキュラム研究の視点から問題提起をし、山梨県甲府市立朝日小学校の小林史治教諭が初等教育研究の立場から事例報告をする。そして、午後には、山梨大学附属中学校の井上公彦教諭による総合学習の実践紹介と、筑波大学の山口満教授による総合学習の理論的側面についての講義をする。
本講座は、授業改善や力量形成を希求する教員を主対象とする現職教育講座であるが、教育に関心をもつ父母や一般社会人の参加も歓迎する。

2.指導講師

      山口 満  筑波大学教育学系長
      堀 哲夫  山梨大学教育人間科学部附属教育実践研究指導センター長
      成田雅博  山梨大学教育人間科学部附属教育実践研究指導センター助教授
      林 尚示  山梨大学教育人間科学部附属教育実践研究指導センター講師
      井上公彦  山梨大学教育人間科学部附属中学校教諭
      小林史治  山梨県甲府市立朝日小学校教諭

3.日程・プログラム

  1999年12月25日(土),26日(日)
 第1日目
  14:00〜14:15  (15分)  開講式・諸連絡
  14:15〜15:30  (75分)   掘 哲夫センター長
  15:45〜17:00  (75分)   成田雅博助教授
 第2日目
  9:30〜10:50  (80分)   林 尚示講師
  11:00〜12:00  (60分)  小林史治教諭
  13:30〜14:30  (60分)  井上公彦教諭
  14:40〜16:40  (120分)  山口 満教授
  16:40〜17:00  (20分)  閉講式

4.場所

  教育人間科学部附属教育実践研究指導センター 多目的教室(5階)、授業研究演習室(4階)

5.定員

  20人(先着順とする)

6.受講対象者

  現職教員,学生,市民一般

7.受講料

  5,500円(申込み手続き終了後は、受講料の払い戻しはしません)

8.募集期間

 1999年12月1日〜12月22日(土・日曜日を除く) 受付時間 9:00〜16:30
 申込手続 申込書に講習料5,500円を添えて直接申込む。そうでない場合は、郵送も可。郵送による場合は、現金書留により講習料と返信用封筒(宛先を明記、80円切手 貼付)に、年齢、性別、職業、勤務先、電話番号を記入した用紙(私製用紙でも可)。

9.申込みに関する問い合わせ

 山梨大学学生課公開講座担当  〒400-8510 甲府市武田4丁目4−37
電話055-220-8045 ファクス055-220-8796
  内容・教材に関する問い合わせ
   山梨大学教育人間科学部 附属教育実践研究指導センター
             e-mail:kjc@kkb.yamanashi.ac.jp  電話:055-220-8325,Fax:055-220-8790


センターだよりは,nl.htmlで見ることができます。


センターだよりの目次
○山梨大学実践センターのトップページ

実践センター関係ページの著作権・利用にあたっての注意
・最初にこのページを公開したのは1999年9月8日です。 ・最後にこのページを更新したのは2001年4月23日です。