教育実践研究指導センター

  センターだより No.47


                       1997年6月20日
                       発行 山梨大学教育学部
                       附属教育実践研究指導センター
                       電話 0552-20-8325,FAX 0552-20-8790
                       e-mail : kjc@kkb.yamanashi.ac.jp
                       URL : http://www.cer.yamanashi.ac.jp

■平成9年度山梨大学公開講座のお知らせ

第3回 教員リフレッシュ研修「ベテランに学ぶ」
   −−−創造的授業づくりのための頭と心のリフレッシュ−−−
   開講・運営担当:山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター
 後援:山梨県教育委員会(交渉中)・ 甲府市教育委員会(交渉中)
 協力:(株)アシストシステムサイエンス・パイオニアビデオ株式会社

1.目的
 今日の学校教育はさまざまな問題をかかえている。そのなかにあって,日々子どもと向き合い,教育改善,教育改革に取り組む教員は多数にのぼる。そこで本研修講座では、1994年度から、教師自身が気づいて直すための自覚と内省による力量形成のための研修プログラムを実施している。昨年度はディベートと教師の話し言葉をテーマとした。体験的な研修方法が好評であるため、本年も同様の手法で開講する予定である。
 今年は,社会科教育・生活科教育の大ベテランの有田和正氏を迎え、本学部附属小学校の協力を得て、附属小学校の村松訓教諭と有田教授がそれぞれに授業提案を行う。そして、実践事例を記録し分析しながら、授業研究を行う実験的な現職教育を試みる。
 例年好評の藤岡完治氏の授業研究だが、今年は提案授業を受けたパネルディスカッションで一端を披露していただく予定である。後半は、授業研究演習システムの実習も盛り込み、昨年度までの方法に授業提案を加えて、より充実したプログラムを予定している。そのため、日程は3日間にまたがるが、夏休みをはさむので、各自の問題意識の下に集めたデータを持ち寄って、9月の講座に参加できるように配慮した。
 最先端のマルチメディアシステムを利用しつつ、人間的な暖かい雰囲気のなかでやさしく科学的方法を学ぶ講座である。参加者自身の主体的取組みを通して,リフレッシュの契機を求めてほしい。父母や一般社会人の参加も恒例となったが、授業改善や力量形成を希求する、中堅教員(現職経験約3年以上が望ましい)を主対象とする現職教育講座である。

2.指導講師
 有田和正 (愛知教育大学教授)
 藤岡完治 (横浜国立大学教育学部附属教育実践研究指導センター教授)
 澤本和子 (山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター教授)
 佐藤 博 (山梨大学教育学部助教授)
 野田光子 (専修大学松戸高等学校教諭)
 守木 貴 (山梨大学教育学部附属小学校教諭)
 村松 訓 (山梨大学教育学部附属小学校教諭)

3.日程・プログラム:1996年7月4日(金)〜7月5日(土)
           および9月27日(土)午後

 第1日目:7月4日(金)
 10:00〜10:30 開校式・諸連絡(澤本)
 10:40〜12:15 授業提案(有田・村松)
 12;10〜13:10 昼食
 13:10〜15:00 授業リフレクション研究 1 (有田・村松・澤本)
 15:00〜17:00 パネルディスカッション (有田・藤岡・守木・澤本)
 17:00〜18:00 free discussion  申込み者のみ

 第2日目:7月5日(土)
 9:30〜11:00 授業リフレクション研究 2 (有田)
11:00〜12:30 授業リフレクション研究 3(澤本)
 12:30〜13:40 昼食
 13:40〜16:10 パネルディスカッション(有田・村松・澤本・野田)
 16:10〜16:40 授業リフレクション研究実習準備会(佐藤・澤本)
 16:40〜17:00 諸連絡(澤本)

 第3日目:9月27日(土)
 13:30〜15:00 授業リフレクション研究実習(佐藤・野田・村松)
 15:00〜17:00 授業研究とまとめ(守木・澤本)
 17:00〜17:20 閉校式(澤本)

4.場所 山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター
      多目的教室(5階)、授業研究演習室(4階)およびマルチメディア教室(3階)
     山梨大学教育学部附属小学校

5.定員  40人
6.受講対象者 現職教員,学生,市民一般
7.受講料 7,400円

8.募集期間 1996年6月18日(水)〜6月27日(金)
     (土・日曜日を除く) 受付時間 9:00〜16:30

9.受付に関する問い合わせ 山梨大学学生課学生係 電話0552-20-8043
              400 甲府市武田4−4−37
  内容・教材に関する問い合わせ 山梨大学教育学部 附属教育実践研究指導センター
              電話:0552-20-8325,Fax:0552-20-8790
11.注意事項
 教育実践研究指導センター研究員および研究協力者が期間中協力します。
 第1日目のfree discussionは自由参加ですが、講師との交流会ですので、積極的に参加してください。(当日受付で、茶菓代600円を支払って申し込んでください。


センターだよりは,http://www.cer.yamanashi.ac.jp/nl/nl.html で見ることができます。


センターだよりの目次
○山梨大学実践センターのトップページ

実践センター関係ページの著作権・利用にあたっての注意
・最初にこのページを公開したのは1997年6月22日です。 ・最後にこのページを更新したのは2001年4月23日です。