教育実践研究指導センター

  センターだより No.44


                   1996年5月15日
                 発行 山梨大学教育学部
                 附属教育実践研究指導センター
                 電話 0552-20-8325,FAX 0552-20-8790
                 e-mail : kjc@grape.kkb.yamanashi.ac.jp


■ 教育実践研究指導センター運営委員会委員の決定


 5月2日木曜日、平成8年度第一回教育実践研究指導センター運営委員会が、セン
ター会議室で開催された。運営委員会委員長に常秋美作センター長が就任し、挨拶を
行った。本年度の委員は以下のとおり。

   平成8年度 教育学部附属教育実践研究指導センター運営委員

  委員長  常秋 美作  教育実践研究指導センター長・家政学教室
  委 員  石田 高   附属校園長代表・附属養護学校長・地学教室
   〃   山口 勝弘  特殊教育学教室
   〃   福永 茂   体育学教室
   〃   八束 厚生  経済学教室
   〃   並木 信明  外国語教室
   〃   澤本 和子  教育実践研究指導センター
   〃   成田 雅博  教育実践研究指導センター
   〃   岡田 正志  附属小学校
   〃   小林富一郎  附属中学校
   〃   斉藤 誠   附属養護学校
   〃   長谷部美佐子 附属幼稚園
                         以上12名

■ 報告:授業研究演習システム利用研修会   授業研究報告会 合同研究会   教官・現職教員・学生・大学院生を迎え盛会裡に終了


 42号でご案内した、表記のセンター4階授業研究演習システムを利用した研究プロ
ジェクトを中心とする合同研究会を、1996年4月27日(土)午前10.00から午後4.00ま
で実施した。休日にもかかわらず、多数の参会者が集い、一日の研修と研究交流を行
った。
 主催は、教育実践研究指導センター教育方法研究会・同授業研究演習ソフト開発研
究会、および「現職教員の実践的力量形成の研究」プロジェクト・授業研究演習室利
用委員会で、(株)アシストシステムサイエンス、 パイオニアビデオ(株)の協力
を得た。
対象者は、4階授業研究演習システム利用希望者、利用申請者、マルチデータ処理研
究者、研究プロジェクト研究者・研究協力者。
 出席は授業研究を希望する現職教員10、大学院生2、学部生2、大学教員7、民間人4
、だった。その内には工学部からの出席があり、25人の参会者が熱心に研究交流を
行った。終了予定の4時に閉会した後、午後5時までの1時間フリートーキングの意
見交換会をもった。研究会の概要は以下の通りであった。
 ★研究会概要
 10.00-10.15 参加者紹介、研究会日程等打ち合わせ
 10.15-12.00 授業研究演習システムの開発と教育実践研究の実際
  1 本システムの概要         並木信明助教授  佐藤 博助教授
     (株)アシスト 矢巻秀寿社長 パイオニアビデオ(株)小林 薫課長
  2 本システムによる授業研究の実際  1995年度教育方法学特論演習受講生
                     (浅川、小林、志村、各氏)
  3 教育実践研究の方法        澤本和子教授
 12.30-13.30 昼食会(場所をとって移動)
 13.30-15.30 授業研究演習システム利用入門実習
 実習指導:(株)アシストSST.立中秀樹氏  浅川栄司秋田小学校教諭
       小林進吉田小学校教諭     志村香代子竜王西小学校教諭
 15.40-16.00 打ち合わせ
 16.00-17.00 意見交換会     :司会 嶋崎 修 附属小学校教諭

 ★参加者の感想から:当日出席した周 欣欣さん(工学部電子情報)から送られた
感想を、ご本人の了解を得て転載させていただく。
 先日教育研究会に参加でき、うれしく思います。講習、またいろいろ資料を頂き、
ありがとうございました。
 私にとって、大変いい勉強になりました。はじめて、教育学部の先生方の考え方な
どを分かったのです。
 先生の作られたシステムを利用すれば、学生達は自分でドラマも作れますね。これ
は英語の教育にも利用できますし、教育学部の学生にとって大変役に立ちそうで、面
白いと思っています。
 今度、またいろいろ面白い話を是非聞かせてください。

 ★このシステムを利用するセンター研究プロジェクトへの参加を希望する方は、教
育実践研究指導センター内教育方法研究会宛に、氏名、所属(職名)、コンピュータ
(windows)歴、教職歴を明記の上、ファックスで連絡をしてください。6月にご連絡
します。         申込先:fax0552-20-8790 


センターだよりの目次
○山梨大学実践センターのトップページ

実践センター関係ページの著作権・利用にあたっての注意
・最初にこのページを公開したのは1996年9月25日です。 ・最後にこのページを更新したのは2001年4月23日です。