教育実践研究指導センター

  センターだより No.43


                   1996年5月8日
                 発行 山梨大学教育学部
                 附属教育実践研究指導センター
                 電話 0552-20-8325,FAX 0552-20-8790
                 e-mail : kjc@grape.kkb.yamanashi.ac.jp


■ 山梨大学公開講座 第3回 教員リフレッシュ研修・  --創造的授業づくりのための頭と心のリフレッシュ--   「対話の力をつける」


 
  主 催:山梨大学
  後 援:山梨県教育委員会

1.目的
 今日の学校教育はさまざまな問題をかかえている。そのなかにあって,日々子ども
と向き合い,教育改善,教育改革に取り組む教員は多数にのぼる。そこで本研修講座
では、1994年度から、教師自身が気づいて直すための自覚と内省による力量形成のた
めの研修プログラムを実施している。好評に応え,本年度も同様の趣旨で開講の予定
である。
 今年は、ディベートと教師の話し言葉の専門家(田中・守木両教諭)によるミニテ
ィーチングと実習や、昨年好評だったカード式のやさしい授業研究実習(藤岡教授)
のほか、新進気鋭の研究者(秋田・佐藤両助教授)などによる実践的な研修プログラ
ムを予定している。
 最新のシステムや施設を利用しながら、人間的な暖かい雰囲気のなかでやさしく科
学的方法を学ぶ講座である。研修参加者自身の主体的取組みを通して,リフレッシュ
の契機を求めてほしい。授業改善や力量形成を希求する、中堅教員(現職経験約3年
以上が望ましい)のための授業実践研究講座である。教育やマルチメディアに関心を
持つ民間の方の受講も歓迎する。

2.指導講師
 藤岡完治 (横浜国立大学教育学部附属教育実践研究指導センター教授)
 澤本 和子(山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター教授)
 秋田喜代美(立教大学文学部助教授)
 佐藤 博 (山梨大学教育学部助教授)
 田中美也子(お茶の水女子大学附属中学校教諭)
 守木 貴 (山梨大学教育学部附属小学校教諭)


3.日程・プログラム;1996年6月7日(金)〜6月8日(土)

 第1日目;6月7日(金)
 14:00〜14:15 開校式・諸連絡
 14:15〜16:45 授業研究実習1 
     授業リフレクション研究入門(澤本)
     ディベートの授業(ミニティーチング)と授業リフレクション研究(田中
.澤本)
 17:00〜18:00 free discussion ;申込み者(藤岡.澤本.秋田.佐藤.田中.守木.)

 第2日目;6月8日(土)
  9:00〜10:00 授業研究実習2  授業リフレクション研究1(佐藤)
   10:00〜12:00  授業研究実習3 授業リフレクション研究2(藤岡)
 12:00〜13:00 昼食
 13 : 00〜14:00  授業研究実習4 話し言葉をみがく;ミニ・ティーチングと授業
研究(守木)
 14:00〜15:20 授業研究  教師の力量形成を支える授業研究(秋田)
 15:20〜16:50 授業研究 授業をどのようにしくむか(藤岡.澤本.秋田.)
 17:00〜17:10 閉校式

4.場所 山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター
    多目的教室(5階)、授業研究演習室(4階)およびマルチメディア教室(
3階)

5.定員  40人
6.受講対象者 現職教員,学生,市民一般
7.受講料 4700円

8.募集期間
 1996年5月1日(水)〜5月17日(金)(土・日を除く) 受付時間9:00〜16
:30

9.受付に関する問い合わせ 山梨大学学生課学生係 電話0552-20-8043
              400 甲府市武田4−4−37
10.内容・教材に関する問い合わせ;電話:0552-20-8325,Fax:0552-20-8790
                山梨大学教育学部  附属教育実践研究指導センター

11.注意事項
 受講用テキストに掲載する資料準備の都合上,受講申込みの際に,申込み者の住所
,連絡先などを記入用紙に記入してください。研修要項に受講者の氏名住所などを記
載し、5月末から6月初めに、受講者に送付する予定です。そのとき,第1日目のfr
ee discussion参加希望の有無を確認してください。(当日茶菓代600円を徴収します。)
 受講者確定後に持ち物、教材・資料、日程の詳細などを受講資料とともに連絡します。
 教育実践研究指導センター研究員および研究協力者が期間中協力します。



印刷,配付された「センターだより43号」に誤りがありました。このWWW版が正しい
ものです。ここに訂正をするとともにお詫び申し上げます。(1996.5.31.)

センターだよりの目次
○山梨大学実践センターのトップページ

実践センター関係ページの著作権・利用にあたっての注意
・最初にこのページを公開したのは1996年9月25日です。 ・最後にこのページを更新したのは2001年4月23日です。