教育実践研究指導センター

  センターだより No.41


                   1996年3月22日
                 発行 山梨大学教育学部
                 附属教育実践研究指導センター
                 電話 0552-20-8325,FAX 0552-20-8790
                 e-mail : kjc@grape.kkb.yamanashi.ac.jp


■ 教育実践研究指導センター 利用委員会の参観者サービス活動


 今号では、教育実践研究指導センター利用委員会の活動のうち、昨年11月頃から増
加している、教育実践研究指導センターへの参観者に対するサービスの一端をご紹介
します。一例をあげると、次の通りです。
 1995年
 11月20日 創価大学  井上尚美教授、永井靖二教務課副課長 他1名
 11月29日 文部省   教育大学室教員養成係長
 12月  4日 横浜国立大学 事務局長、図書館事務部長
 1996年
 1月26日  赤堀侃司東京工業大学教授 無籐隆お茶の水女子大学教授
 1月29日  富士学苑高等学校 引率教官1名、生徒37名
 3月8日  千葉大学教育実践研究指導センター専任教官2名

 参観者の依頼を教育実践研究指導センター事務室で受けると、参観希望の施設設備
利用委員長に連絡をとり、当日の参観者の日程と希望に合わせてスケジュールをなる
べく組み、返事をします。大勢の参観者や、専門家の場合は、コンピュータ利用など
で人手を要するので、他の利用委員会などからも応援をお願いして準備します。たい
ていは施設設備の全体を参観するので、どの部屋の利用委員長にもお世話になってい
ます。
 利用委員会の話では、やはり熱心に参観し、説明の意図を理解してくれるときがよ
いようです。一方、約束よりも大幅に遅れて到着し、通りいっぺんの参観で済ませた
り、当日の約束の時間近くになるかその時間を過ぎて来訪を中止するような参観者に
ついては、多忙な関係者の奉仕に対する問題を感じます。
 利用委員会は、日常の環境整備や利用促進事業を目的とする委員会ですが、その他
にも、このような形で目に見えにくいところで活躍しています。
 来年度の利用委員は、来年度の教育実践研究指導センター施設設備を利用する教官
が担当することになっています。利用予定の先生方は、各利用委員会の招集を受けて
、活動を開始することになります。
 今年度の委員会と委員長は次の通りです。1年半にわたり、お世話になりました。
 ・多目的教室利用委員会                                            美術教室
   栗田真司助教授
 ・授業研究演習室利用委員会         技術職業科教室 佐藤博助教授
 ・マルチメディア教材作成室利用委員会       外国語教室  並木信明助教授
 ・J号館サブネット及びサーバ利用委員会     技術職業科教室 藤田孝夫助教授

■ 「教育実践研究指導センター研究紀要 第3号」原稿募集


 1995年度も年度末を迎え、各プロジェクトの研究をまとめる時期を迎えました。昨
年の教授会ですでに報告の通り、教育実践研究指導センター紀要は第3号から教育実
践研究指導センタープロジェクト研究成果の発表を中心に編集することになりました
。そのため、原稿募集は各プロジェクトの代表者を通して行うことになりました。プ
ロジェクトに関わる個人的な研究発表を希望する方は、担当者とご相談ください。
 これに従い、3月15日の運営委員会の議を経て編集委員が決定、18日に第一回編集
委員会が開かれました。編集委員会は各プロジェクトからの代表と運営委員の混成チ
ームで構成しています。
 紀要関係の規定や執筆要領は現行のものを改訂していませんが、予算が4分の1近
く圧縮されるなどの理由もあり、実質的な変更をすることが運営委員会・編集委員会
でも確認されました。詳細は4月以降、各プロジェクトの担当者に問い合わせてくだ
さい。
 ・紀要執筆申込み
 申込み方法  各プロジェクトから一括して、代表者がセンター事務室に申し込む
  1.論文題目 2.執筆者名 3.和文・欧文の別 4.ページ数 5.研究分野
 ・申込み締切 プロジェクト内3月25日(月)   3月27日(水)決定
 ・原稿提出   5月21日(火)

 各プロジェクト紀要関係代表者
 1. 教員養成課程における多目的教室を利用した教育方法に関する研究
                       代表者 美術教室 栗田真司助教授
     2. 大学教育方法改善研究:授業研究演習システムの教育利用
                     代表者 技術職業科教室 佐藤博助教授
     3. 現職教員の実践的力量形成の研究  代表者  センター  澤本和子教授
     4.  教員養成学部におけるネットワークを利用した情報教育カリキュラムの開
   発に関する研究             代表者 センター  成田雅博助教授
     5.教育へのインターネット活用に関する研究  代表者 センター 成田雅博助教授

センターだよりの目次
○山梨大学実践センターのトップページ

実践センター関係ページの著作権・利用にあたっての注意
・最初にこのページを公開したのは1996年9月25日です。 ・最後にこのページを更新したのは2001年4月23日です。