教育実践研究指導センター

  センターだより No.24


                       1993年10月13日
                       発行 山梨大学教育学部
                       附属教育実践研究指導センター
                       電話 0552-52-1111(内線)3133,2751
                       e-mail : kjc@grape.kkb.yamanashi.ac.jp

   <以下は,オリジナルのセンターだよりの一部である>

★ 教育実践研究指導センターへの連絡について
教育実践研究指導センターに関する事務連絡,センター研究紀要に
関する原稿等のやりとりは,階段あがってすぐのJ211室(内線
3133)でおこなっています。また,J215室のコンピュータ
,視聴覚機器の利用の際には,原則としてJ211室から鍵を借り
てから利用してください。
-------------------------------------------------
 ★ (変更)ネットワーク端末操作講習会のお知らせ
センターだより第23号でお知らせした講習会の開始時間が30分
早くなりました。
日は変更なしですが,開始時間が15:30から15:00に変更
されています。直前の変更ですが,ご了承ください。興味のある方
は所属,教職員/学生を問わず,ご参加ください。なお準備の都合
上,講習会当日は12:30から講習会終了まで,教育実践研究指
導センターの機器共用を中止します。
-------------------------------------------------
センター・ネットワーク端末操作講習会(復習編)
日時 10月15日(金)15:00〜
  岡林春雄氏(教育学部心理学教室)
  成田雅博(教育学部附属教育実践研究指導センター)
   (内容予定)NEC PC9801,マッキントッシュをホストgrape 
につなぐまで
   最低限必要な UNIX の知識,メール(PC/M, Eudora),ニュ
ース(mnews),(ECOM)
  佐藤眞久氏(教育学部数学教室)
    LANへの電話経由の接続の方法(HTERM)
-------------------------------------------------
第3回センター・ネットワーク端末操作講習会(中級編)
日時 10月22日(金)15:30〜
テーマ「つないだら何ができるか(2)」
    美濃英俊氏(工学部電子情報工学科)
    鳥養映子氏(工学部電子情報工学科)
     telnetで遠くにあるコンピュータを使う,ftpによるフ
ァイル転送と留意点
    豊木博泰氏(教育学部物理学教室)
     一般公開されている情報サービスの利用例とマナー (an
onymous ftp と gopher)
-------------------------------------------------
第4回センター・ネットワーク端末操作講習会(中級編)
日時 11月上旬予定
内容 山梨大学附属図書館書誌検索OPAC,学術情報センターNACSIS
-IRの利用等
問い合わせ 教育学部附属教育実践研究指導センター 成田 内線
 2751
-------------------------------------------------
★ 平成4年度教員養成大学・学部等教官研究集会(その2)

★分科会「教員養成における情報教育(その2)」報告     
成田雅博

紙面も限られているので,以下の2名の発表および議論を報告する
。
(1)正司和彦氏(兵庫教育大学)「情報教育カリキュラムの体系
化」
・平成2年9月に,国立大学教育工学センター協議会の情報教育研
究会が,国立教員養成系大学・学部の教育実践関連センター(教育
実践研究指導センター,教育工学センター等)を対象に,センター
等の教官が担当またはセンターの施設・設備の利用を前提とする情
報教育の科目について,調査・集計した中間結果が報告された。(
参考:同研究会「情報教育の実践と課題------教員養成系大学にお
ける情報教育関連授業の実態調査------」,1992年10月)
・情報化社会の意義,これまでの情報科学の歴史等をあつかった科
目は,取り扱いが断片的か少ない。・教育と情報との関連に関する
科目は多い。・ワープロ,表計算,データベースの利用,LOGO,BA
SIC等プログラムの実習は多い。
・結論:現在の情報教育は,小・中・高・大どこをとっても金太郎
飴のように同じことをやっている。大学として情報教育の体系化は
まだされていない。

(2)中野靖夫(上越教育大学)「教育学部における情報教育のカ
リキュラム」
・上記調査については,教育内容は多岐にわたり教官の得意分野に
かたよっている。
・提案として,たとえば以下のような情報教育のカリキュラムが提
案された。

     <表 省略>

議論
・福島大の教官から「立派なカリキュラムをつくっても,コンピュ
ータが扱える教官が,ボランティアで情報教育の科目をうけもたざ
るを得ない状況になっている。各教科の教室の責任で情報教育関連
科目をやることになったが,何をしてよいのかわからないのが実情
だ」という問題提起があり,担当教官について以下のような意見が
活発にかわされた。


センターだよりの目次
○山梨大学実践センターのトップページ

実践センター関係ページの著作権・利用にあたっての注意
・最初にこのページを公開したのは1996年9月25日です。 ・最後にこのページを更新したのは2001年4月23日です。