ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.16(2011)
pp.8-21

 

 

題目:自らの成長を実感させる道徳授業の実践 - OPP シートを活用した複数時間の関連を図った指導を通して-
題目(英語):Teaching Practices of Moral Lessons for Making Students to Realize Their Development of the Sense of Morality - Through Teaching Practices Emphasizing the Importance on Relationships between Several Lessons by Using OPP Sheet -
著者:中国 昭彦(NAKAKUNI Akihiko),堀 哲夫(HORI Tetsuo)
要約:2008 年に改訂された新学習指導要領では,道徳の指導に当たって,書く活動や自らの成長を実感させるような活動の工夫,複数の時間の関連を図った指導の工夫等を強く求めている。これまで道徳の時間において,複数時間にわたり自らの成長を実感させるためにOPP(One Page Portfolio)シートを活用した研究は,ほとんど提案されていない。そこで,本研究では,児童に自らの成長を実感させるための手立てとしてOPP シートを活用した複数時間の関連を図った授業づくりに取り組んできた。その結果,道徳の授業においてOPP シートを活用することにより,児童自らの成長を実感させ、複数時間の関連を図った指導を効果的に位置づけられることを児童の記述内容から確かめることができた。
キーワード:道徳,OPP シート,成長,実感,複数時間の関連