ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.22(2017)
pp.157-168

 

 
題目:附属学校における英語教育の小中連携の試み -中学生と小学生の合同英語授業の実践の成果と課題-
題目(英語):The Report of English Joint Class Practices by Attached Junior High School Students and Elementary School Pupils of National University: On the Results and Issues Arising from That Educational Project
著者:大矢 裕子(OYA Yuko),古家 貴雄(FURUYA Takao)
要約:本年2月に附属中学校の2年生と附属小学校の5年生による英語の合同授業が行われた.内容は,買い物についてのスキットを小学生,中学生とで共同して作成し,それをクラス全体で発表し,その内容の聞き取りをすることだが,内容を小学生が理解できない場合には中学生が小学生に教えてあげて,内容の相互理解を図るという活動であった.最後に教師の方で内容質問をして,その質問に小学生,中学生共に答えるということも行った.これらの小中連携の実践から,成果として明らかになったことや残った課題について報告したい.さらに,実践の前提として,一般的な英語教育における小中連携の問題についても議論し,その中で今回のような小中の英語の合同授業の意義づけ等についても取り上げてみたい.
キーワード:英語教育実践,小中連携,合同授業,コミュニケーション能力