ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.21(2016)
pp.103-116

 

 
題目:対話的関係の形成をめざす教育相談に向けた教師の学びのプロセスを可視化する試み -質的に考えるという思考の転換を通して-
題目(英語):Visualization of the Learning process for Teacher education toward the Dialogical relationships in Educational counseling
著者:東海林 麗香(SHOJI Reika)
要約:本稿では,現職教員が教育相談について学ぶための学習プログラムの試み,およびそこでの教師の学びのプロセスを記述し,教育相談や児童生徒との関係づくりについての新たな学び方の可能性を示すことを目的とした。そのためにまず「教育相談フィールドワーク論」という教職大学院の必修科目におけるロールプレイを用いた学習プログラムにおける成果と課題を示し,それらを踏まえて立案したプログラムである「ロールプレイとその文字化,プロトコルを素材にしたやり取りの繰り返し」における教師の学びのプロセスを,ロールプレイおよびその後の振り返りディスカッションのプロトコルと共に示した。またその成果を,「質的に考える」という観点から考察した。
キーワード:教育相談,対話的関係,質的に考える,学びのプロセスの可視化