ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.21(2016)
pp.91-102

 

 

題目:過去とその取り扱いの探究能力を育成する歴史教育の導入単元 -ドイツの事例から-
題目(英語):An Introduction Unit in History Education for the Development of Historical Competence: A Case from Germany
著者:服部 一秀(HATTORI Kazuhide)
要約:本稿では,中学校の歴史教育において過去とその取り扱いの探究能力を育成するための導入単元の在り方を探ることを目的とし,ドイツにおける具体的事例「日常文化の一部としての歴史」について分析している。過去についての探究能力とともに社会における過去の取り扱いについての探究能力を育成することをめざし,年代史的構成において個々の単元ごとに史資料の解釈に基づく叙述の作成と分析検討の学習に取り組ませる場合,各単元でのそのような学習を準備し,過去とその取り扱いの探究能力の育成を始動させるため,導入単元はそれらの探究能力の基盤となる見方や態度を学習者自身が身近な題材や具体的な素材に取り組む萌芽的な探究活動を通して学びとれるようにするものとなることを明らかにしている。
キーワード:歴史教育,中学校,導入単元,社会における過去の取り扱いの探究,歴史コンピテンス