ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.21(2016)
pp.71-78

 

 
題目:初等的数学問題に対する大学授業でのオープンアプローチについて
題目(英語):On open approaches to elementary mathematical problems in a university class
著者:中村 宗敬(NAKAMURA Munetaka)
要約:小学校教科科目「算数科内容論」において実施した,オープンアプローチ的方法よる学習の状況について報告する。用いた教材はまったくの初等的な九九表であり,受講学生は積極的に取り組み多くの性質を発見することができた。その反面,それらの発見が不完全な帰納法にとどまり,単に発見するのみで証明・説明する数学的根拠づけが弱いという課題も見られた。また,その根拠づけがなされている場合も多くは記号代数的な処理のものがほとんどで,もう一つの有効な手段である図形を用いた理由付けはほとんどなされていない状況であり,解答場面でのオープンアプローチという教員側で意図した狙いには達していなかった。
キーワード:オープンアプローチ,発見学習,九九表,対称性