ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.20(2015)
pp.255-263

 

 
題目:OPPシートを活用した中学校理科の授業改善に関する研究
題目(英語):A study about improving of the teaching science in junior high school by using OPP sheet
著者:藤田 彩伽(FUJITA Ayaka),堀 哲夫(HORI Tetsuo)
要約:経験の浅い教師にとって,自分の力で授業改善を図っていくことは難しい。単元全体や,毎授業で,生徒が何をどのように理解しているのかを把握することで授業の問題点を抽出し,次時に反映していくことができれば,授業は少しずつ改善していく。本研究では,One Page Portfolio(OPP)シートを活用して,扱う単元に関する生徒の素朴概念や毎授業の生徒の理解状況を把握し,それをもとに授業改善を図った。その結果,OPP シートへの生徒の記述によって授業前・中・後で生徒の実態をみとり,シートの中で生徒と対話しながら一人ひとりに必要な働きかけができた。さらに,生徒の実態から授業の問題点を把握して授業に反映させることができ,経験の浅い教師の授業改善においてOPP シート活用の有効性が示唆された。
キーワード:授業改善 生徒の実態把握 OPP シート 経験の浅い教師 中学校理科