ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.20(2015)
pp.191-198

 

 
題目:確率学習における素朴な見積りの実態について
題目(英語):On students’ simple estimates observed in the learning of probability
著者:中村 宗敬(NAKAMURA Munetaka)
要約:山梨大学における全学共通科目「確率的見方」において観察された学生の確率理解の様子、特に「クラスの中に同じ誕生日の人はいるか」というよく知られた問題(「誕生日問題」と呼ぶことにする)をどのように把握し、その理解がどのように変容したのかを,2013 年度の授業実践に基づいて報告する。上記の問題に対する学生の素朴な確率的な見積においては、クラスの人数が70 人規模でも同じ誕生日の人は現れないだろう、あるいは現れたところでせいぜい1 組くらいだろうという意見が大半であった。しかし、実際に授業出席者の誕生日を調べた結果は、それとは全くかけ離れたものであった。これはデータの誤適用によるものと考えられるが、それを修正して新たな見方ができるようになった学生が多数見られた。
キーワード:確率,誕生日問題,ヒューリスティック