ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.20(2015)
pp.183-190

 

 
題目:大学におけるパーソナルファイナンス教育の試み
題目(英語):Attempts of Personal Finance Education in Japanese Universities
著者:神山 久美(KAMIYAMA Kumi)
要約:金融教育の推進は、国際社会の喫緊の課題とされ、日本においても、2014 年に金融経済教育推進会議が、「金融リテラシー・マップ~最低限身に付けるべき金融リテラシーの項目別・年齢別スタンダード」を公表した。大学において、パーソナルファイナンス教育の推進が求められている。本研究では、大学におけるパーソナルファイナンス教育として、行政等の外部機関と連携した試みや資格試験を導入した試みを行い、授業過程やアンケート等の結果を検討し、大学におけるパーソナルファイナンス教育のあり方について考察を行った。金融庁の業界団体講師派遣は、大学授業で導入しやすい事例であった。消費者行政と大学との連携事例は、課題解決型学習となり、学生が主体的に学び、地域への参画ができるものとなった。資格取得試験の活用事例は、体系的な知識を得られ、学生の学習への動機づけを高めるものであった。
キーワード:パーソナルファイナンス教育、高等教育、行政との連携、資格試験