ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.20(2015)
pp.143-158

 

 
題目:ドイツの暴力予防教育に関する動向研究(1) ―ドイツにおける子ども・若者の暴力の現状と暴力予防教育の研究・実践動向を中心に―
題目(英語):A Study of Current Trend of Education for Prevention of Violence at School in Germany(1) : Focusing on the Present Situation in Youth Violence and Education
著者:高橋 英児(TAKAHASHI Eiji)
要約:近年、我が国に限らず、ポスト産業資本主義国家においては、学校における子どものいじめや暴力行為などの問題行動に対する予防教育の必要性が高まっており、各国において様々な予防教育プログラムが開発されてきている。ドイツの取り組みは、これまで我が国において十分に紹介されてきていないが、地域性、学校段階(初等教育・中等教育)、子どもの発達の問題と対応させながら、多様な予防教育の取り組みを各州が独自に展開してきている。本研究は、こうしたドイツにおける学校での暴力問題の現状と特徴、暴力予防教育の実践および研究践動向を概観し、我が国の暴力予防教育への示唆を探った。
キーワード:子ども・若者、暴力、いじめ、予防教育