ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.18(2013)
pp.1-10

 

 
題目:学校に批判的な保護者への対応 -経験豊富な教師の語りの質的分析-
題目(英語):How Do Teachers Deal with Difficult Parents? : Qualitative analysis of expert teachers' narrative
著者:矢崎 克洋(YAZAKI Katsuhiro),芦澤 稔也(ASHIZAWA Toshiya),窪田 昌彦(KUBOTA Masahiko),谷口 明子(TANIGUCHI Akiko)
要約:本研究は,学校に批判的な保護者に対してどのような配慮をすることが効果的な対応となるのかを明らかにすることを目的とした探索的研究である。学校と家庭との連携強化が謳われる中で,学校に批判的な保護者への対応は,教師のストレス源として看過できない問題となっている。そこで,経験豊富な教師たちがどのような配慮を行っているのか,その対応のポイントを関東圏の公立学校教師へのインタビュー結果の質的分析により抽出した。結果として,学校に批判的な保護者への対応として,<保護者の話を傾聴する><学校の指導方針を伝える・説明する><感謝を伝える><保護者の心情・立場を理解する><校内で組織的に対応する><学校は子どもの味方であることを伝える><専門的知識の提供を受ける>の7つのカテゴリーが得られた。
キーワード:保護者対応,学校批判,質的分析