ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.17(2012)
pp.45-58

 

 
題目:音楽の理解への一助として視覚を活用した音楽鑑賞指導
題目(英語):Teaching Music Appreciation by Using Visual Elements
著者:小島 千か(KOJIMA Chika)
要約:音楽鑑賞指導において、音楽を理解させる一助として視覚を活用した2つの実践を行った。1つは、音楽の諸要素を聴き取るための教材音源を作成し、その有効性を明らかにするために、大学生を対象に検証授業を行った。それは、学生にその音源を聴きながら視覚的イメージを描かせることにより、音楽の諸要素の特徴を把握させ、実際の音楽作品の鑑賞時にも、音楽の諸要素を意識しながら聴くことを促すことを目的としたものである。学生が描いた視覚的イメージを検討した結果、教材音源の有効性が明らかになった。もう1つは、ポリフォニーの構造を視覚化したパウル・クレーの作品をポリフォニーの鑑賞に関わらせることにより、ポリフォニーの理解の一助とするものである。ほとんどの学生が時間的なポリフォニーの構造を視覚的イメージや概念として捉えられていることが明らかとなった。
キーワード:音楽鑑賞授業、音楽の諸要素、教材音源、絵画的ポリフォニー