ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.15(2010)
pp.165-172

 

 
題目:発達障害事例における関係機関との連携
題目(英語):Co-Operation with the Parties for Infants with Developmental Disabilities
著者:鳥海 順子(TORIUMI Junko)
要約:筆者はこれまで、先進的に行われてきた米国の就学前における特殊教育サービスを検討し、我が国の早期療育に関する示唆を得てきた。今回は、米国および日本の発達障害事例における関係機関との連携状況について調べ、早期支援のために関係機関との連携を促進する要因について検討を行った。その結果、保護者の気づきや不安を真摯に受けとめ、関係機関につなぐ専門的な力量をもったキーパーソンの存在、集団適応の困難さに対する教育機関の理解と関係機関からの支援、保護者が教育相談に至る準備期間の支援の重要性が指摘された。
キーワード: 発達障害幼児、関係機関との連携、早期介入