ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.14(2009)
pp.84-94

 

 
題目:チームスポーツにおける集団規範 -特にバレーボールについて-
題目(英語):Consideration about the Group Norm in team sports. - About the Varsity Volleyball Players -
著者:遠藤 俊郎(ENDO Toshiro),下川 浩一(SHIMOKAWA Kouichi),安田 貢(YASUDA Mitsugu),布施 洋(FUSE Hirosi),袴田 敦士(HAKAMATA Atsushi),伊藤 潤二(ITOH Junji)
要約:本研究では,大学における運動部活動(バレーボール) の練習場面における現代の集団規範の実態を把握するとともに,競技水準によってどのような違いがあるかを明らかにし今後のコーチングに役立てるための一資料にする。また,10年前の選手の集団規範と比較することによって今日の選手の特徴を明確にすることを目的とした。その結果,男子における集団規範下位尺度得点において,競技水準の高いチームに所属している選手が競技水準の低いチームに所属している選手に対してすべての下位尺度得点で高い値を示した。男子における社会的アイデンティティ各項目得点においては,競技水準の高いチームに所属している選手が競技水準の低いチームに所属している選手よりも高い評価が得られた。このことから,男子において競技水準が高いほうが集団帰属意識は強く,規範も厳しいことが示唆された。また,90年代と現代の集団規範の比較においては,「現代の選手」が3つの下位尺度得点(態度規範・上下序列規範・奉仕規範)で高い値を示した。このことから「現代の選手」において規範に対する耐性が低下している可能性があることが示唆された。
キーワード:集団規範,社会的アイデンティティ,バレーボール,大学生