ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.14(2009)
pp.72-83

 

 
題目:本学初等体育科教育学の授業における走り高跳びの指導 -ベリーロール及び背面跳びは小学生には危険な跳躍法かを通しての初等体育科教育学の授業の在り方を考える-
題目(英語):The Instruction of High Jump in the Class of Pedagogy of Elementary School Physical Education in the University of Yamanashi - The Consideration of the Class of Pedagogy of Elementary School Physical Education through the Experience of Berry Roll and Fosbury Flop which are Dangerous Jump Styles and not intended for Elementary School Children -
著者:植屋 清見(UEYA Kiyomi),山田 直弘(YAMADA Naohiro),澤邊 直人(SAWABE Naoto),小町 昂史(KOMACHI Takafumi),比留間 浩介(HIRUMA Kosuke)
要約:初等体育科教育学は本学教育人間科学部にあっては将来,小学校の教師を目指す学生にとって小学校教諭普通免許1種の必修科目であり,本授業の単位取得なしでは教員免許はおろか卒業も不可能となる重要な科目である。そのような重要度の高い授業でありながら,実際の授業は半期完結制のもと,僅か15回の授業で終了してしまう。本学においてはこの15回の授業をボール運動と陸上運動の指導に当てている。それ故,陸上運動に使える回数は僅かに7回程度である.本研究は僅か7回しか使えない授業にあって,受講生が将来小学校の教師となったときに,走り高跳びの指導が可能になって欲しいと願って行われている授業である。本研究においては小学校体育の陸上運動の一つの種目である走り高跳びを取り上げ,如何にして受講生の走り高跳びへの興味関心を引き出し,彼らの走り高跳びに関する指導力(知識,経験,実技能力,師範能力等)を育成するかを命題に行われる実践報告的論文である。具体的には小学校体育における走り高跳びの目標の“ 記録向上”を求めるのではなく,小学生には危険な跳躍法とされているベリーロールや背面跳びをクリアランス後のセーフティ・マットへの落下の気持ちよさを実感し,また果たして,ベリーロールや背面跳びは小学生にとって危険な跳躍法といえるのかの回答を得る授業として行われる。結論的にはベリーロールや背面跳びは必ずしも小学生にとって危険な跳躍法ではないとする回答が多数であった。加えて,このような指導を通して,受講生の体育の授業に対する態度(喜び・評価・価値)得点は有意に高まっている実態も確認された。尚,本研究の検討の対象の授業は2002 年から2008 年の前期までであった。
キーワード:初等体育科教育学,走り高跳び,ベリーロール,背面跳び,ロイター板,落下の気持ちよさ