ISSN 1881-6169

教育実践学研究
山梨大学教育人間科学部
附属教育実践総合センター
研究紀要 No.13(2008)
pp.127-139

 

 
題目:大学生の家庭科観
題目(英語):University Students' Conception about Home Economics Education
著者:志村 結美(SHIMURA Yumi),大橋 寿美子(OHASHI Sumiko)
要約:本報告は、大学生の家庭科観を把握することにより、家庭科教育の抱える課題を浮き彫りにすることを目的としている。その結果、大学生は家庭科のイメージや家庭科に求められるものとして、「実生活に役立つ」「生きていくために必要なことを学ぶ」「自立のための基礎的能力を獲得する」等を多くあげ、家庭科教育の目標や育成したい能力もそのように捉えていることが明らかとなった。性別比較において概ね違いが認められず、男女共修家庭科の成果のあらわれと推測される。また、調理実習をはじめとする実習・体験学習が印象に残っており、より一層の実践的・体験的学習の充実と、その実習・体験学習をいかに生活に定着させていくのか、指導の工夫が求められている。
キーワード:大学生、家庭科観、家庭科教育